冬のバカンス No.2 ~アマルフィ海岸~

前回お伝えしたチレント地方出発の朝、ペストゥムの遺跡、考古学博物館見学後、駐車場へ帰る道のりで突然の大雨に見舞われた私たち。(*_*)

最後は手提げかばんを頭にかぶり小走りになりながら、幸いにもぎりぎりで豪雨に変わる直前に車にたどり着いたものの、「今日これからどうする???」と言う問題が、、、。

「こんな雨の中アマルフィ海岸を車で走っても意味がないね・・・」と言うことで、一路高速道路に向け車を飛ばし天気の様子を見ることにしました。

ザンザン降りで標識を見るのも大変なほど。
やっとこさで高速に乗り車を走らせていると、なんとサレルノを過ぎたあたりから太陽が顔を出し始める(^_^)!!
幸いアマルフィ方面への分かれ道の前だったので、急遽ふたたびアマルフィ海岸通りに進路変更♪

朝の豪雨が信じられないほど一転して素晴らしいお天気に大変身してくれました!(^_^)

******************

話にはいつも聞いていたアマルフィ海岸の絶景。
期待を裏切らない本当に素晴らしい眺望でした。

いくつかの町に寄り道しながらし、夕暮れ時にアマルフィの町に着きました。

寄り道第1号はヴィエートリ・スル・マーレ (Vietri sul mare)の町。
f0094490_2251275.jpg

ここの町はたくさんの陶器タイルの絵の作品が町中に飾られていました♪
f0094490_2224855.jpg
f0094490_22242616.jpg
f0094490_22244018.jpg


***************

寄り道第2号はラヴェッロ(Ravello)町。   
この町は細い山道を対向車をやっとこさかわしながら登りつめた所にあります。
世界的に芸術祭でも有名な町だそうです。
f0094490_22522061.jpg

f0094490_22273237.jpg

f0094490_2235111.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そうしてとうとうアマルフィの町に到着しました♪
f0094490_2255644.jpg
f0094490_22551921.jpg

f0094490_22365247.jpg

日本人のツアーのグループもいて、一組のご夫婦とおしゃべり。
長くイタリアにいると、なかなか日本の方と接する機会が皆無に近く、こうして日本人の方とおしゃべりできることがとても嬉しいひと時です。
f0094490_22385019.jpg

f0094490_22562575.jpg
f0094490_22564099.jpg

夕暮れのアマルフィの町並みに見とれながら、後ろ髪を惹かれるようにその日の最終目的地「ソレント」に向かって再出発しました。。。

********************

ソレントに到着し、「いざ目的のホテルへ!」と言うときにハプニングが・・・。
ホテルの地図・住所等を印刷したファイルが見当たらない・・・(汗)

前日までいつも横にあったのに、、、「もしかして、今朝の大雨事件であわてて車を整理しながら出発したときに落とした???」、、、との不安が。。。

普段旅行時には重要情報はあちこちに書き込む私ですが、今回は夫アンジョロ任せでの出発。
彼も普段は慎重派なのに、今回は「あの紙以外どこにも書き込んでない・・・」とのこと・・・。
外はすでに真っ暗で、二人とも「どうなることやら・・・!」と途方にくれました。
覚えているのはなんとなくのホテルの地形と名前だけ。

インフォメーションも見当たらないし、こんな暗い中ソレントのような大きめの町でどうしたものやら・・・と思いながら、ダメもとで目の前に現れたガソリンスタンドで聞いてみることに、、、。

「すみません、ホテル“イル・ロゼート”なんてご存知じゃないですよね、、、?」と聞くと、「あぁ、それならこの道をまっすぐ行った500メートルぐらい先の右側だよ~。」、、、と何気なく答えられ私も夫も口アングリ。(@_@)

「ほっ、本当ですかっっっ???!!! おじさん救世主のようです!!!!!」と感動を言い残し道を進めると本当に目的のホテルが。
門のベルを押し名前を言うと「はい、どうぞ-!」と門が開き、ほっと胸をなでおろした私たちでした(^_^;)。

こうしてその日から5日間のソレント滞在が始まったのでした♪



後記:例外にもれず失くしたと思い込んだ重要なホテルへの道程の紙、ホテルに到着と同時に見つけたのでした・・・(爆(((*_*;)))。。。
[PR]
by tokogiappone | 2011-01-17 20:40 | バカンス旅行
<< 冬のバカンス No.3 ~運命... 冬のバカンス No.1 ~25... >>