イタリアの懐メロ♪

昨年の12月まで老人ホームで娯楽係として働いていた私。

色々事情があり、現時点では辞めさせていただいたため現場から離れてしまったものの、この仕事のお陰でかなりイタリアの懐メロ通になってしまいました。(汗・笑)

働いていた老人ホームは80~90歳代の方たちが大半だったため、私が懸命に学習したのは1920~50年代の曲たち。

やはり音楽と言うのは聴くだけで当時の記憶が蘇るためか、お年寄りたちもいつも音楽を聴くのを楽しみにしていました。

今日は私たちがレパートリーとしてよく歌っていた曲の一つを紹介したいと思います。

曲名は・・・
Non ti scordar di me. (ノン・ティ・スコルダル・ディ・メ~日本語訳:忘れな草)。

1935年に同名の映画のために書かれた曲で、かつての大テノール、ベニャミーノ・ジーリによって歌われ大ブレイクしました。

この曲、実はかつて私が声楽を勉強していた時にすでに耳にしていた曲で、イタリアの有名なソプラノ歌手テバルディさんが歌っていたCDを良く聴いていたため私にとっても思い出の曲でした。

当時は曲の意味もほとんどわからずに聴いていたのですが、イタリアでお年寄りたちの反応を見るにつけ、この曲の本当のの意味を教えてもらったような気がします。

とても心に沁みるワルツのメロディーに切ない歌詞。

曲の中に人間的な心情をとても感じます。

お年寄りたちもこの歌にそれぞれの心の人を馳せて、ほぼ暗譜で一緒に口ずさんでくれた曲です。


***************

Non ti scordar di me           忘れな草

Partirono le rondini           ツバメたちは飛び去ってしまった
dal mio paese freddo e senza sole,   寒く、太陽のそそがない私の町から 
cercando primavere di viole,      スミレの咲く春、
nidi d'amore e di felicità         愛と幸せの巣をを探し求めながら    

La mia piccola rondine partì      私の小さいツバメさんは旅立ってしまった
senza lasciarmi un bacio       お別れのキスもしないで
senza un addio partì          お別れのさよならも言わずに・・・

Non ti scordar di me;          私のことを忘れないでね
la vita mia legata e a te      私の人生は今でもあなたに繋がっているのよ
io t' amo sempre più          時が経つほど、よりあなたを愛しています
nel sogno mio rimani tu         私の夢の中にいつもあなたがいます

Non ti scordar di me          私のことを忘れないでね
la vita mia legata e a te      私の人生は今でもあなたに繋がっているのよ 
c'è sempre un nido          いつでもあなたの帰れる巣が
nel mio cuor per te          私の心の中にあります  
 
Non ti scordar di me           私を忘れないでね

***************

残念ながらこの方も今は亡きとなってしまいましたが、イタリアの大テノール歌手パヴァロッティが歌っているのがあったので、良かったらここを→クリックしてお聴きください。




たぶんこの曲、男の人が愛する女の人に歌っている曲だと思いますが、私は女性の立場から訳させてもらいました。


というのも、老人ホームで一緒にお年寄りたちと歌いながら、彼らの心の中にはかつて愛した人はもちろん、きっと今は亡き家族や、なかなか会えない息子・娘たちに思いを馳せながら歌っているように見えたからです。



これからときおりイタリアの懐メロを紹介していきたいと思います♪
[PR]
by tokogiappone | 2011-01-31 00:16 | イタリア豆知識
<< 新しい職場 動物たちの授福式 >>