終わり春キノコ “Dormienti - ドルミエンティ"

今年の春一番のキノコ"ドルミエンティ"は、例年にない不作でした。。。。
雪の下に生えるこのキノコ、今年のトスカーナの山の気候は、雪が降って地面の気温がホンワリ寒く保たれる以前に、霜が降りて地面自体も硬い氷のように凍ってしまったため、順調にキノコ菌が成長できなかったのかな・・・とちょっぴりガッカリのドルミエンティシーズンとなってしまいました。

これでシーズンも終わりか・・と思っていたのですが、今日は不意を付いてまぁまぁの豊作。
夫アンジョロもちょっぴり「ウキウキDAY」でした♪

f0094490_4431129.jpg


今年は不作でアンジョロには可哀相なシーズンとなったのですが、私にとっては"ホッ"としたシーズン。
と言うのもこのキノコ、土の下に生えるだけに、家に到着するときは、まさに土の塊のように化してしまうのです・・・。なんせ洗うのがとっても大変なんです。。。。

まず一本一本、ナイフでキノコの足の部分の土をそぎ落とします。
f0094490_4472268.jpg それからシンクにたくさん水をためて、何度も何度も水を替えながら、スポンジとナイフでこれまた一本一本きれいにしていきます。

こうして一時間以上苦労して洗い終わったのがこれ ・・・・・
f0094490_4542695.jpg


「なんじゃコレ!」と思われる人もいると思いますが、この黒い物体たち、ひとつひとつに焦点を当てると、意外と素敵なキノコたちもいるんですよ。
f0094490_4582649.jpg
f0094490_458446.jpg

何よりもアンジョロの満足した顔を見るのが、私にとって一番のごちそうです♪♪♪
[PR]
by tokogiappone | 2006-04-25 22:34 | きのこ Funghi
<< 両親のイタリア訪問 待ちに待った雨 >>