<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

里帰り報告 No.1

日本、札幌での1ヶ月の里帰りを終え、4日前の夜、イタリアへ帰ってきました。

一ヶ月のヴァカンスをもらったものの、職場は、既に10日前から営業を開始しているため、私一人長く休みを取らせてもらうわがままを聞いてもらっていました。。。

と言う事でイタリア帰国の翌日には、私も出勤。
もちろん仕事は大忙し。。。

ようやく日曜日にたどり着き、明日はようやく休息日。ちょっぴりヘトヘトモードだったりします。
その上、昨晩は、職場で「最後の夏のパーティー」・・とやらを開いたため、夕方再び職場へ・・・。
私の職場、イタリア「ボンチ菓子店」の家族は、事ある語とに、友人や、従業員の家族を豪快に招待してくれ、腰軽にパーティーを開いてくれます。
昨夜は総勢50人以上の大パーティー。
f0094490_112834.jpg

豪快なバーベキューから始まり、飲んで、歌って、おしゃべりして・・・。
f0094490_11284479.jpg

何か手伝おうと思っても、「いいから座ってなさい!」と言って、オーナー家族は徹底しておもてなしをしてくれ、毎日の仕事の時もそうですが、私たちに、「オーナーと従業員」と言う関係を感じさせないでくれる、この「ボンチ」家族は、すごい人たちだなぁ・・・と、もはや4年近くの歳月を共に過ごしながらも、いつも思います。

*************

話はそれましたが、日本里帰りに話を戻して・・・

今回は、姉の結婚式に始まり、旅行や家族コンサートなどをしたため、充実した日本滞在となりました♪

故郷、札幌に7月30日に到着。

姉の結婚式は8月4日。

家族だけの、小さな式と披露宴を挙げる事にした姉夫妻。

宗教的なものを抜いた、手作りの式をあげたいと言う二人の意向から、ホテルの教会内で人前式を行いました。

私の父は、かつて私が生まれるまでの数年、プロのオーケストラでヴァイオリンを弾いていたことがあり、その父の影響で、家族もみんな音楽に親しんできました。
そんな父は、親戚や知人の結婚式ではいつもお祝いの演奏をしてきたため、やはり姉の結婚式でもヴァイオリンを弾いてもらいたいと言う事になりました。

私も学生時代から約10年間ほど、ホテルの教会式で聖歌隊のアルバイトをしていた経験があり、ホテルの教会は私にとっては懐かしい思い出の場所。。。

・・・と言う事で、家族10人の身内だけの結婚式にもかかわらず、思いっきり、父のヴァイオリン、母のオルガン、私の歌で、新郎新婦に入退場をしてもらいました♪

入退場の間、新婦側の席に着席しているのは、私の夫アンジョロだけ(笑)。
でも本当に思い出深い、良い記念日になりました。

新郎側のご両親は、とても感動してくださり、始終涙ぐんでいて、私もリハーサルの時は感動で、歌っている喉がつりそうになってしまいましたが。。。

姉夫妻が力をあわせて考えた誓いの言葉を聞き、「あぁ、新しい家族ができて嬉しいなぁ。。。」としみじみ思いました。
f0094490_119251.jpg

f0094490_1194887.jpg

そのあとホテルの小さな一室で、和食会席の披露宴をしました。

披露宴とはいっても、新郎新婦を含め、二つの家族あわせて10人だけですが、向かい合って座り、姉の夫のご家族の皆さんと沢山おしゃべりをし、本当に二人の結婚を両家で喜び合いました。
f0094490_11101662.jpg

実は聖歌隊のアルバイトをする前に、2年間ほど結婚式の披露宴でのウエートレスのアルバイトをしていた事もある私。

結婚式は本当に、数限りなく拝見してきましたが、この姉の結婚式は、身内の私が言うのもなんですが、本当に良い結婚式でした♪

そんなこんなで、札幌到着早々は姉の結婚式で、瞬く間に過ぎて行きました。

その後、私と夫アンジョロは、思い切って北海道内旅行へ行く事を決定。
知床方面へ行ってきました。
次回はその時の思い出を、少し書かせていただきます。
[PR]
by tokogiappone | 2007-09-02 22:49