<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イタリア在住一日本人 ~落書き~

イタリアに本格的に在住して、早10年。
イタリア人と家庭を持ち、イタリアの会社に就職して、気が付くとイタリア人との関係の中だけの生活となってしまっている自分に、ふとした時、その現実がとても不思議な事のように感じることがあります。

でもいくらイタリアに長く暮らしていても、私は日本人
あたり前の事だけれど、これから何十年とイタリアで生活したとしても日本人の私はいつまでも日本人。

やはりアイデンティティーと言うものは、私たちの根底に変わらずいつまでも流れているようで、海外に住み始めた事で、むしろ日本にいた時以上に、日本人である事を意識する自分がいます。

日本人が立派に活躍してくれている事を聞くと、まるで自分のことのように誇り高く、嬉しくなり、逆に、日本人が何か問題を起こしたり、不可思議な行動をしている事を聞くと、日本にいた時以上に悲しく、がっくりしてしまいます。そして、自分とはまったく関係のない人であったとしても、日本人の悪いニュースをイタリア人から聞くと、とても申し訳なく感じるのです。

以前にもこのブログで触れさせていただきましたが、私がこうして一日本人としてイタリアで幸せに暮らしているのも、ひとえに多くの日本人のイタリア先駆者が、イタリア人に愛されるような行動をとり続けた結晶だと思っています。

そして、イタリア人は日本人のステレオタイプとして、とても真面目で、行儀良く、働き者で、信頼のできる国民だと思ってくれていると感じます。

なので私も、日本人の誇りに傷をつけないよう、一日本人としての責任を感じながら日々生活しているつもりです。


******************

先日、日本の新聞で、「日本の大学生がフィレンツェの大聖堂に落書きをした」と言うニュースを読みビックリしました。
その翌日、夫からイタリアの新聞に載っている記事を見せてもらい、またその翌日、違う日本の大学生も同じような行動をしたことが発覚し、またまたその後は日本の教師も落書きしたとの事を、同じくイタリアの新聞で読みました。

イタリア国営Rai放送の夕食時のテレビのニュースでも取り上げられていました。

ボンチの同僚も、車のラジオのニュースで聞いてビックリしたそうです。
トモコ、日本人がフィレンツェのドゥオーモに落書きしたって本当なの?」と聞かれ、彼女も「まさか日本人がそんな事をするとは思っても見なかった!!!」と言ってショックを受けていました。

私にとってショックだった以上に、イタリア人にとっても相当ショックな出来事のようでした。。。

その後の日本の対応を聞いて、「やっぱり悪い事をした人は、償うのが当然だから、それが妥当だね。」と言って「それにしても、どうしてそんな事をしちゃったんだろうね。。。」と残念がっていました。

いつも思うのは、人間社会って「信頼」の積み重ねからなってきているように思います。
信頼が鎖のように繋がって関係が成り立っているのが、「ほんの小さな過ち」で今まで築いてきたものがすべて崩れてしまう事もあります。

「いたずら書き」

学校内、町のトイレ・・・日本国内でも良く見かける事です。

でも今回いたずら書きをした場所は海外の「世界遺産」
世界中で保護すべき場所に、軽い気持ちでこのような行動をとってしまった事は、たとえ小さないたずら心であったにしても、やはり「重大な過ち」であったのだと思います。

日本人が今までイタリアで積み上げてきた「信頼の鎖」を今回の事件でまた一つ信頼を落としてしまった事になりました。
残念です。

以前にもイタリアで「万引き」した日本人女性のニュースをイタリアの新聞で読んだことがあります。
その時のコメントは「まさかの日本人の万引き」と言ったものでした。

今までは、列車で乗車券確認の時などに、「日本人はいつもきちんとチケットを持っているから安心しているよ。」乗務員さんにと言ってもらった事も何度もあったのに、これからは信用されなくなるかもしれません。。。

世の中が悪い方に進んでいってる中、日本人も何か大切なモラルを見失ってきているように感じます。

人生って、大きな成功はしなくてもいい。
不器用でも、堅実で真面目で正直な人間でいたいものだ・・・と、常々思います。

日本人として、日本人がこれからも日本人の素朴さ、真面目さを失わずに、温かい国民でい続けてくれる事を願ってやみません。
[PR]
by tokogiappone | 2008-06-29 01:12 | 独り言

夜通し祭り ~ Notte Bianca ~

先週の土曜日、私の住む町サン・ジョヴァンイ・ヴァルダルノの町で、お祭りがありました。

その名も「Notte Bianca」。
直訳すると「白い夜」ですが、「眠らない夜」と言うような意味で、夜通し祭りです

このお祭り、今年で3回目。
初めての年は「それって、どんな夜???」と言う感じで、暗中模索という雰囲気だったのですが、とりあえずいい感じで盛り上がり、好評に応え翌年も実施。
今年は企画を見た瞬間から、私の周囲の人たちも、みんな楽しみにしていました。

夜9時ごろから始まって、朝4時まで続くこのお祭り。
町の一般の商店もこの日ばかりは夜通し参加で、ちょっとしたお菓子やおつまみを振舞ってくれていました。

その他にも、広場で催される小さなアクロバット・ショー劇団。

私たち夫婦も愛犬カミッロを連れてショー見学に行ってきました♪
観客席に陣取りしていざ観劇。

やんちゃ犬カミッロですが、今までのところ、町の催し物等、長時間同じ場所にいるような時でも割といい子で居てくれます。
そんな時の必需品は、「犬用ガム」。。。
これさえあれば、どんな時にもお行儀の良いワンちゃんに変身してくれます。
f0094490_017590.jpg

・・・が、新しいのを持ってくるのを忘れたため、すぐにこの「魔法のガム」、終わってしまいました。。

そのうち隣の席のおじさんが、とてもカミッロを気に入ってくれたようで、カミッロと遊びはじめてくれるのはいいけれど、だんだんエキサイトしてくるカミッロ。

おじさんの手を噛み噛みしている。(汗)

「すみませんね。。。」と言ってカミッロを離すのだけれど、このおじさん「Non fa niente.(何でも無いですよ。)」と言って、こっちが目を離すとまた遊び始めるのでした。。。
そんなわけで、おじさんに挑発されてすっかり興奮してしまったカミッロ。
何だかリラックスできないでギンギンに目が冴えてしまっていました。
f0094490_0215286.jpg

f0094490_0221698.jpg


そうこうしているうちにようやくショー開始。

とっても引き込まれる進行で、子供も大人も口をぱっくり開けて、時にはこっちまでアクロバット役者が飛んできそうな雰囲気に、前列の子供たちは一斉に「わ~~~~~!!!」と叫んだりもし、ともかく楽しかったです。
f0094490_0411620.jpg

f0094490_0413479.jpg

ショーは11時半過ぎても終わらず、私は次の日も早朝出勤と言う事もあり、町のほかでのお祭りも気になる。。。
結局、終わりを待たずに席を立ち夜店見学に出動。

実は、仕事仲間とも「お祭りで会おうね!」と言っていたものの、すっごい人混みに我が家の一応小型犬カミッロは踏まれそうな雰囲気。。。抱っこして歩かなければならないほどの混雑でした。
そんな中、同僚の「ジャンジ」と遭遇。
おしゃべりしてお別れしました。

結局約束していた同僚達とは一人とも会えずに帰宅。。。
後日みんなで祭りの夜の話で盛り上がったのですが、お互い合えないで終わった私たち女の子同僚仲間。

なのに、何故かみんな「ジャンジ」とだけは遭遇していたことが発覚。

各々に、「15分前に、ここTomokoが通ったんだよ。」・・・方や「25分前に、ここTomokoが通ったんだよ。」・・・とまるで「ジャンジ」だけみんなに会ってる。。。
「ジャンジ」って一体。。。と言う感じでした。。。

ちなみに我が家のカミッロ。
初めての夜更かし経験に、帰宅とともにバタンキュー。
翌日まで前日の興奮の疲れを引きずって、やんちゃ犬が朦朧犬になっていました。。。
[PR]
by tokogiappone | 2008-06-25 00:01 | 日常生活Quotidiano

大人への一歩

我が家の笑う犬、カミッロ。

日を追うごとに、やはり成長するのか幼犬の頃のように頻繁に無邪気に笑う事はなくなったものの、今でも私たちが留守番しているカミッロの元に帰ってきた時や、散歩に行くときなど笑ってくれます。
成長してくれるのは嬉しいけれど、こうしてどんどん変化していくカミッロを見ていると、一日一日が貴重な成長の過程に感じ、その一つ一つを胸に焼き付けたい思いに駆られ、ちょっぴり切なくなったりします。

そんな中、最近カミッロの笑顔が変わってきました。。。

昔はとても無邪気な笑顔だったのが、最近なんかちょっと・・・俗っぽい笑顔・・・。






実はが続々生え変わっているんです。

人間で言う、永久歯。

今までの小さい歯から大きい歯に生え変わる事で、笑顔がちょっぴり「入れ歯犬」になってしまいました!
笑うと歯が見えすぎ!!!

**************

日に日に生え変わる歯、犬歯はもう既に生え変わっているものと思っていたら、まだでした。

犬にとって肝心要の犬歯がぐらついている事が発覚!

ちょっと写真を撮らせてもらいました。

「カミッロくん、悪いけれどちょっと失礼・・・。」
f0094490_22351120.jpg


これが数日前の右側の歯。
f0094490_2238226.jpg


これが同じく数日前の左側の歯。
f0094490_22371362.jpg


一方、これが今日のカミッロ
「はい、ア~ンしてみてくれるかな。。。」
f0094490_523386.jpg


これが今日の右側。
f0094490_531445.jpg


そしてこれが左側。
f0094490_551265.jpg


そして、生々しい傷痕も。。。
f0094490_575917.jpg


とれたての歯の痕跡がありあり・・・・・と思いきや、





夫がこんなもの
f0094490_59540.jpg


・・・を口に含んで遊んでいる、カミッロを発見しました。。。
[PR]
by tokogiappone | 2008-06-06 22:34 | 愛犬カミッロ

カミッロの災難 No.2

突然森で具合が悪くなったカミッロ。
f0094490_3165365.jpg

原因が不明だっただけに、あせりまくった私たちでした。

普段は手からあげたものなら何でも食べるカミッロ。(お肉などはもちろん、セロリ、にんじん、ズッキーニ、カルチョーフィ、オレンジ、りんご・・・・・本当に何でも!)

なのにその日は、食べ物や飲み物を口の前に差し出そうものなら、胸焼けが増すのか、気持ち悪そうに口から泡がにじみ出して来て、本当にに辛そうにしていたカミッロでした。

でも、私たちの夕飯時から少しずつ楽そうになってきて、一度もそもそ動いて、すぐにまた寝床に戻りました。夜11時に試しにドッグフードを口の前にかざしてみると、ペロペロ・・・・。。。

「食・べ・た!!!!!」

私たちの胸のつかえが、一気に取れました。

その日の夜は、特別に、私たちのベッドに連れて行き一緒に寝ました。
f0094490_318128.jpg

f0094490_3183666.jpg

普段、心身ともに元気な時は耳がぴんと立っているカミッロですが、この日はさすがにかなりしょぼくれモード。
すべてが後ろに引けて垂れている感じのいじけたカミッロでした。。。

でも私たちと一緒にベットに来させてもらえた事にとても嬉しそうに、スヤスヤ就寝。

そして翌朝・・・

起きるととっても楽そう!

前日あげた肝臓を守るシロップを、再び注射器で口に注入すると「ペロ、ペロ、ペロ、ペロ・・・
舌がより白くただれているのがはっきり見えました。

「何をやらかしたんだね、カミッロ君?」

・・・・・と言う感じでしたが、「ともかく今となっては元気になってくれれば何でもいい。」と言う気持ち。

私は再び仕事へ。

職場ボンチではありとあらゆる人から「カミッロは大丈夫?」と聞かれ、みんなに心配をかけてしまいました。

実はカミッロが具合が悪くなった日、職場では仕事が山済みで、本当は午後も再び仕事に戻らなくてはならなかったのですが、「カミッロが具合悪くなってしまったので、欠勤させて欲しいのですが・・・。」と言うと、「心配しないで、大丈夫だから。」と快く承諾してくれたボンチの人たち。

本当に困った時には、いつも快く何でも受け入れてくれるこの家族的な職場には、いつも感謝です。

仕事を終え帰宅すると、前日の出来事が嘘のようにすっかり元気になっているカミッロ。
何でも朝から遊び始めたそうで、さすが子犬の回復力に、驚かされました。

それでも獣医さんと約束していたため、再び病院へ。
f0094490_3233044.jpg

カミッロの元気な様子に、夫アンジョロもすっかりリラックス。
獣医さんもカミッロの回復にビックリ。

ドイツからの血液検査の結果は、内蔵器系は多少の数値が上がっているものはあるものの、心配するに値するものはないということで、ホッと一安心。
筋肉の炎症を表す数値がかなり上がっていて、舌も筋肉の一部と言う事で、やはりこちらの方から来ているのかということになりました。

獣医さん曰く、「以前に舌の一部が大きくとれてしまった、シェパード犬を診察したことがある。」と言う事で、その原因は「Processionaria(ギョウレツケムシ)」の仕業だったそうです。
「カミッロの舌も取れちゃうのかな・・・」と心配しましたが、心配した通り、やはり白くなっていた部分はそのあと取れてしまいました。。。。(恐)

でも、とれた後のほうが楽そうになって、その後数日間は、エサの容器をすべて舐めてたいらげることはできないでいたものの、ぐんぐん元気になって行きました。

この「Processionaria (ギョウレツケムシ)」、こうしてカミッロのことがあってから、その事を周りの人に話すと、結構みんなこの虫のせいで、大変な目にあっていたことが発覚。

「知り合いの犬」や、「知り合いの知り合いの犬」などが同じような目にあったという話しがわいてきて、しばらくこの「悪者毛虫」の話が続いた私の周囲。

職場でも先週一週間は、毎朝次から次と会う人ごとに「カミッロはどう?」と聞かれまくり、だんだん恥ずかしくなってしまった私でした。。。

カミッロはすかっり元のいたずらっ子に戻り、駈けずりまくっています。。。。。
f0094490_3303425.jpg
f0094490_3310100.jpg
f0094490_3312333.jpg

好奇心旺盛すぎて今回の大事件に至ってしまった我家の愛犬。

森に連れて行かないと、すっごくいじけてしまうため、置いて行くのも罪なので、可哀想だけれどこれからは落ち着いた成犬になるまで、口輪をして森に行く事になりました。。。

今回の惨事から、何か学習してくれているといいのですが・・・。
[PR]
by tokogiappone | 2008-06-05 02:24 | 愛犬カミッロ

カミッロの災難

先週の水曜日、夫アンジョロが久々に我が家の愛犬カミッロと森へ出かけていきました。
f0094490_17572050.jpg

森に到着すると、しばらくぶりの森に喜び勇んで、子鹿のように跳ね回っていたというカミッロ。

・・・がしかし、その後しばらくして車に戻るや否や、突然吐き始めたそう。
はじめはちょっとした消化不良か何かのためかな・・・と思ったのもつかの間、その後も吐き続け、口から泡を吹いているカミッロを見て不安に陥った夫は、大急ぎで町の獣医さんへ車を飛ばしました。

前々日は、前記事の「ヴァルダルノの崖見学遠足」に参加したため、草わらを散策した私たち。
f0094490_18111188.jpg

その晩、カミッロの体に血を吸うダニを発見した私とアンジョロは、すぐに犬のための寄生虫予防の薬を背中に処方しました。
獣医さんともその話をした夫は、「もしかしたらダニから病気をもらったのかもしれない」との事になり、抗生物質を処方されました。

イタリアでは、動物病院でも薬は獣医さんから処方されたのち、自分で薬屋さんへ買いに行かなければなりません。
あわてて薬を探しに行った夫ですが、そういうときに限ってどこの薬局にもその薬が無い!
やっとの事で見つけて帰宅すると、今度は私たちが住んでいる団地の入り口でカミッロがおしっこをしてしまい、そのおしっこがコーヒーのように黒い!
またまたビックリし、再び獣医さんのもとへ走る夫!

その黒いおしっこに獣医さんもビックリ。
なんでも、とても心配な症状だそうで、何かとの中毒症状の可能性があるとのこと。

もしかして毒キノコ? 
もしかして何か化学物質?
もしかして毒の野草?

様々な憶測の下、その原因がわからないだけに処方も見つからず、しかも高熱が出てどんどん元気のなくなるカミッロを目の当たりにして、夫の心配は絶調に。
夫も気分が悪くなり、低血糖のような症状になり、獣医さんに飴玉をもらったそうです。

とりあえず緊急で血液検査をする事になり、その血液は何とドイツへと特急便で検査のために送られていきました。

そんな事も露知らず、私は職場からの家路に「帰るコール」をすると、夫の心配した声で「カミッロが大変なんだ!」との報告に、胸に一撃を加えられたように不安に駆られ走って家へ帰宅。

家に入るといつものカミッロのお迎えはもちろん無く、カミッロのもとへ走ると、こんなに具合が悪いにもかかわらず、まるで「なんかやっちゃったみたいなんだ・・・。」と言わんばかりの苦笑いを作り、しっぽを振りながら無い力を振り絞って前足だけ寝床から出た状態で前に進めず固まっているカミッロ。

可哀想と愛らしさで胸がつぶれそうになり、泣けてしまいました。

午後、再び獣医さんのもとへ再受診に連れて行く約束だったため、再び来院。

熱は少し下がったものの、いまだ飲む事も食べる事もせず、口から時折泡がにじみ出ている状態。

獣医さん曰く、生命の危険が無いとも言えず、「臓器に危害が出ていなければいいのですが・・・。」と言われ、「今夜中しっかり観察してください。今晩は夕食で外にいる予定ですが、夜十一時以降は帰宅するので、何か変化が見られたら夜中でもいつでも電話を下さい。」と言われました。

「原因が不明なだけに焦点を当てた処置ができませんが、おしっこが出たと言う事は腎機能は大丈夫だと思うので、とりあえず肝機能を保護するシロップを飲ませてみましょう。」・・・と言う事になり、またまた薬局に走り、購入。

早速帰宅後、注射器で獣医さんに教えてもらったように口に注入してみると、カミッロ、嫌がらずにペロペロ舐めてくれました。

その舌をふと見ると、火傷したように舌の先が白くただれていることが発覚!


やっぱりカミッロ、何か悪いものを口に入れたみたい。
f0094490_1758970.jpg



長くなるので続きは次回へ。。。
[PR]
by tokogiappone | 2008-06-02 17:47