<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏休みの宿題???

f0094490_225122.jpg



これなんだと思います???

・・・・・実はこれ、私の夏休みの宿題なんです・・・・・(汗)。

3日前から夏休みに入った職場ボンチ。

仕事最後の日の、最後の瞬間に、ボンチの次男セルジョが、「トモコ・・・・・・・日本人向けのちょっとした仕事があるんだけど・・・・・・・夏休み中の時間のあるときに、チョコチョコッと作ってくれないかな~~~~???」・・・とゴマをすりながら言い寄ってくる。。。

それって何?」と聞くと、「折り紙のようなもの」と言う答え。

少しずつ明かしたその「ちょっとした仕事」の内容は、「(紙での)コルネット作り

このコルネット、お菓子つくりの作業ではちょっとしたクリームや、ジャムを挿入したり、小さな飾りをチョコレートやアイシングでつけたりする時に、日常茶飯事で使います。
私の職場では、それようの紙が置いてあり、必要な時にその都度使う人が作ります。

「な~んだ、そんな簡単な事か。それならやってあげるよ!」と軽受け合いしてしまった私。。。。が、よ~く話を聞いて行くと、何と「1000個ぐらい」との事。

「えっっっ?????」・・・と思わず聞き返しちゃいました。。。(汗)

「お~い、トモコ作ってくれるって! ミケーレ(同僚)、紙を切ってあげなきゃ!!!」と言ってそれ急げとばかり紙を切り始めた二人。

ゴシゴシゴシゴシ・・・・ゴシゴシゴシゴシ・・・・・

長包丁で紙を切って準備してくれたんですが、「これ全部、私の・・・・・???」と言う感じで、ごっそり宿題を渡されてしまいました。

この写真の紙ですが、「Carta gialla (黄色い紙)」と言って、かつてお肉屋さんなどでお肉を包むのや、揚げ物の油を吸う「油取り紙」として使っていた紙です。

ボンチでは、ケータリングの仕事で揚げ物を振舞う時に、いわゆるポテトフライの容器のような感じで、これにポレンタやズッキーニの花のフライなどを入れます。

でもこの「1000本って・・・」

イタリア人にとって日本人は、「細かい仕事が得意で、忍耐強い」みたいですが、今回はさすがの私も、ちょっと引き腰・・・・。

概要は良く解らなかったのですが、何でも「8月14日に行われる食事会に使われるそう。」・・・って言う事は「1000人の食事会?」

私と夫も招待してくれるとの事。

ボンチでは、年に何度かお食事に招待してくれるけれど、いつもカジュアルなホームパティー。1000人の食事会って想像がつかないのですが。。。。しかも場所は近隣の田舎町。
どこから1000人の人がやって来て、どこに収容されるんだろう???(謎)

何だか8月14日がちょっぴり楽しみになってきました。。。

************

待ちに待った夏休みですが、飛ぶように4日目が過ぎようとしています。。。(涙)

私と夫アンジョロは明日から、とりあえず「コルネット作り」は横に置いといて、今回の夏休みのメイン行事である「」へ出ます!

行き先は「アルプス!」

今回は何と愛犬カミッロも一緒に初旅行。
ホテルも犬と一緒に部屋に泊まれるホテルを予約しました♪

アルト・アーディジェと言う地方で、私たちが行くのはオーストリアとの国境近くの町。
犬つきバカンス、ワクワクです!

カミッロはいつもと違う私たちの様子にちょっと心配しているみたいで、四六時中、私たちにべったり引っ付いて、家中移動しています(苦笑)。


***********

話は変わりますが、1ヵ月半ほど前、実は「お菓子屋ボンチ」に日本の九州のテレビが取材に来てくださいました♪
ボンチのパンブリアコーネを日本へ輸入してくださっている「ベッリッシモ」さんが中立てしてくださり、思いもかけない機会をいただいた次第です。

その模様は「ベッリッシモ」さんや、通訳としてきてくださったフィレンツェ在住のMさんも書いてくださっています♪ (勝手にリンクさせていただきました。。。すみません。。。)

地元テレビの撮影は時折体験していますが、遠い日本から大きな撮影隊がやって来て、ボンチのみんなもビックリ。
とても刺激的な体験をさせていただきました。

この模様は福岡放送で、8月12日(予定)の「めんたいワイド」という番組で放映されるそうです。
残念ながら私の実家は北海道なので、私の家族には見てもらえませんが、もしもこのブログを見てくださっている方で、九州の方がいらっしゃいましたら、良かったらご覧になって下さいね♪ ボンチのパンブリアコーネを身近に見ていただけると思います♪♪♪
[PR]
by tokogiappone | 2008-07-31 23:00 | 日常生活Quotidiano

夏休みに突入~!!!

本日もって、私の職場、お菓子屋ボンチは夏休みへGO~!

イタリアの習慣にもれずして、職場ボンチも夏季休業としてお店を閉めます。
なのでここの職場、それに合わせて職場全員が一斉に夏休みに入るんです。


毎年そうですが、バカンス一ヶ月ほど前から、従業員はもちろん経営者家族もみんなが気分はバカンス一色。
最後はもう「待ちきれな~い!!!」・・・と言う気分が炸裂します。

今日は朝のお店の準備の後は、みんなで大掃除
夏のバカンス前は毎年、隅から隅までお掃除しまくります。

「私たちって、その気になれば、みんなで掃除屋もできるかもね!」とか言いながら、せっせと掃除をノリノリ気分でしちゃったりして。

朝終盤は、お店の掃除をしに、一部隊がお店へ移動。(お店と作業所、車で移動する距離なんです・・・。)

その後、居残り組みは、あまったフルーツでオーナーの家庭用のフルーツポンチを作ったりしたり、「あそこもここも・・・」と掃除は終わりません。。。
大晦日の大掃除じゃないけれど、仕事納めの日は何ともいえない掃除欲がムンムン沸いてくる私たち。。。

作業場の掃除は一段落して、「お店組みはどうしてるかな?」・・・と思うや否や、けたたましいクラクションと共に、「お店組みも帰って来た~!」と思ったら、それと同時に若者組み皆で水かけ合戦開始。(<意>動物人間的、“夏休みに入った~”と言う、喜びの舞、、、。)

水ビンを手に戦ってると思えば、ホースを手に激しく攻撃したりして・・・。

このボンチ若者組みの水合戦、収拾つかなくなってて、最後はみんな頭からパンツまでびしょびしょ・・・。
大人組み(もちろん私を含めた)は呆然と傍観。

「どうすんの・・・・。」と思っているのもつかの間、うっかりするとこっちにまで攻撃の手が・・・。
バカンス前の締めくくりは通常、抱擁と共にする挨拶なのだけれど、そそくさと退散しようとしている所へ、すかさず「ともこ~~~♪」と言って抱きつこうとしてくる“びしょびしょ軍団”。。。
「冗談じゃな~い!!!」

「Non voglio~~~(やめて~)!!!, Non mi toccare~~~(さわるな~)!!!」と言って、「Buona Vacanza~~~( 良い夏休みをね~)」と言いながら、みんなに投げキスを送って逃げ帰ってきました。。。
ヤレヤレ。。。(汗)

何だかすごい事になっていた今年の仕事納め、、、でも何年経っても、この高揚した休み前の雰囲気、結構好きだったりする私でした。。。♪
[PR]
by tokogiappone | 2008-07-28 01:09 | 日常生活Quotidiano

笑う犬*カミッロ*

我が家の愛犬カミッロ

現在生後7ヶ月。

幼犬から少年犬に変貌してきている今日この頃。

前にも少し書きましたが、実はこのカミッロ、幼犬の頃から事あるごとに「笑う犬」なんです、、、。

今では帰宅時などの時にしか笑顔を見せてくれませんが、かつてはちょっとしたことでも立て続けに笑っていて、「なんで笑ってるの???」・・・と夫から突っ込まれていたりもしていました。

笑う場面が減ってきている最近、「成犬になったら笑わなくなっちゃうのかなぁ~・・・」と思うと切なくなったりもする私。

しかも昔は「愛らしい笑顔」だったのが、歯の生え変わりと共に「グロテスクな微笑み」になってしまった哀れなカミッロ。。。。(爆)

それでもやっぱり私たちには愛らしく、カミッロの笑顔って胸に響くんですよね。
「“幸せ”ってこういうものなのかなぁ~~~」とか思っちゃったりして。。。

そんなカミッロの笑顔、ちょっと前から、「思い出に、笑顔の写真を撮りたい!」と思い始めた私とアンジョロ。

・・・・・が、何せ笑顔と共に体をくねくねさせてステップしてこっちに一目散にやってくるので写真を撮るのがスッゴク難しいんです。。。

何度も試行錯誤を重ね、夫がついに成功したカミッロの写真が・・・

・・・・・これ!




じゃ~~~ん!!!



f0094490_3531216.jpg





この笑顔で、喜びの声なのか、ブタさんのように「ンガ、ンガ、ンガ、ンガ・・・」と鼻を鳴らしながら悶えた歩みでやって来ます。

写真ではどうしても、気味の悪い表情に写ってしまうのが残念・・・・。(涙)




それでは連続で見てあげてください!

f0094490_358793.jpg

f0094490_3582837.jpg

f0094490_359764.jpg




こんな遠慮がちな微笑から・・・・
f0094490_3593368.jpg




こんな悪者顔の微笑まで・・・・・
f0094490_402164.jpg




そして最後は最高の笑顔で・・・・・
f0094490_411945.jpg



ちょ・・・・ちょっと怖かったりします・・・???(汗)
[PR]
by tokogiappone | 2008-07-23 22:40 | 愛犬カミッロ

オペラ満喫♪ No.2 

前日の「カルメン」に続いて、日曜日はモンテヴァルキで「ラ・ボエーム」を見てきました。

このボエーム、実はこちらも監督兼ロドルフォ役のテノールが職場ボンチの知り合いだったんです。。。。。

ルーカ・カノーニチという、モンテヴァルキ出身のテノール歌手で、日本でも佐藤しのぶさんと歌った事があるそうです。
先日職場にお菓子を買いに来てくれ、その時に「みんなで行くからね!」と約束しました。

・・・と言うわけで、今回はボンチ軍団も率いて総勢11人で観劇してきました♪

お菓子屋ボンチ、通常とても和やかな雰囲気の職場で、特に日曜日は鼻歌が出やすかったりします。

この日も朝からボンチの奥さんが、気分はすでに「ラ・ボエーム」
ミミやロドルフォの有名なアリアをかなりの「変な調」で歌ってうっとりしている。。。。。

しびれを切らしたボンチの夫。

「もう、やめろ~! ともこ、やめるように言ってくれ~~~!!!」と半分ふざけて、半分本気で奥さんの歌に反撃中。

「トモコ、ミミのアリアをちょっと歌ってみて。。。」と結局反対にせがまれ、ちょっぴり本気でアリアの一部を歌ってみたら大好評。
結局日曜日の朝っぱらから何度もさわりを歌わされる事に・・・。

・・・かくして、ボンチどたばた劇場は終了し、夜は本場のオペラ観劇へ。
f0094490_5484696.jpg

モンテヴァルキも野外観劇。
歌手はもちろん、舞台、音響、衣装、合唱、演出・・・とっても良かったです♪
f0094490_5491443.jpg
f0094490_5493291.jpg

でも2日連続の夜更かしオペラ。
興奮の後は、バタンキュ~~~~でした。(笑)
[PR]
by tokogiappone | 2008-07-23 05:49 | 音楽 Musica

オペラ満喫♪

イタリアの夏。

イタリアでは夏になると、あちこちの町で毎日のように沢山のイベントが催されます。

ジャズ、オペラ、クラシック、観劇、散策、映画・・・。

私の住む近郊の町も例外に漏れず、夜の町の広場での催しがいくつかあります。
夕食後の涼をとりながらの夏の夜、なかなか楽しませてまらいます。

そんな催しの一つで、私が毎年楽しみにしているものの一つがオペラ観劇
このオペラ、町の広場に設置された野外特設ステージで行われるんですよ。

今年は私の町サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノでは「カルメン」、そして隣町のモンテヴァルキでは「ラ・ボエーム」が演奏されました。

・・・が何故か、隣町同士なのに2夜連続。。。

「どうして、もう少し日程を離してくれなかったのかな・・・」と思いましたが、結局両方観劇することに。

「カルメン」の監督は、実は私のかつての歌の先生であるグイーゾ先生。
私がサン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノに来た当初、教会の合唱団の友達の紹介で知り合いになりました。
声楽家としてはもちろん、人として、先生として心から尊敬できる人です。
以前は時折サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノに来てくれレッスンをしてくれていたのですが、もろもろの事情で、その後彼のフィレンツェの家に時々レッスンを受けに行っていました。
でも、私がボンチで働き始め、忙しくなったのと、彼も多忙でフィレンツェにいる事が少ないなど、結局だんだん足が遠のいてしまいました。。。
でも大事な恩師として、友人として、いつも心の中で思っている人です。

ところで、この「カルメン」。
ビゼー作曲のオペラ。
舞台はスペインですが、歌詞はフランス語。

第一幕が終わると何だか周りの観衆からぼやきが聞こえる・・・。

「全然言っていること解らないじゃん! フランス語でやるんだもんなぁ~!(怒)」

・・・って。。。。。(汗)

「原語なんだからあたりまえ?!」・・・と思っているのは私だけ。。。


その後も休憩中、友人に会うごと会うごと、みんなから「フランス語」の上演に当惑のコメント。。。

「舞台がスペイン、言葉がフランス、上演イタリアって、ややこしいよな~」とか言っちゃってる・・。

イタリア人ってイタリア語のオペラになれているので、あらすじを読んで音楽を楽しむって言う習慣があまりないみたいなんです。。。

まぁそれはそれとして、「カルメン」は私の好きなアリアが盛りだくさん♪
楽しませてもらいました。
f0094490_4404217.jpg

ちなみに今回の上演、何と若い日本人の女性もオペラ歌手として活躍してたんですよ!
Frasquitaと言う役ですが、とても美声で、なかなか存在感があって、こうしてオペラの本場イタリアで、プロとして立派に活躍なさっている彼女、「すごいなぁ~。。。」とひたすら感心。
f0094490_441480.jpg

上演は夜1時に終了。
夜更かし苦手の私はお楽しみの後は、ちょっぴりフラフラになりながら帰宅。
しかも翌日は朝7時出勤。。。

これがイタリアで私がオペラ観劇から足が遠のいてしまう原因なんですよね。。。

そして翌日は「ラ・ボエーム」観劇。
その模様は続きで書かせていただきます。
[PR]
by tokogiappone | 2008-07-22 02:25 | 音楽 Musica

ポルチーニ!

今年もポルチーニの本格シーズンが始まりました!!!

ここ数年、雨不足に悩まされた春シーズンでしたが、今年は春先の5月上旬から6月にかけ、連日の雨に見舞われ、最初は「こりゃあ、キノコの雨だな!」とみんなでワクワクしたのもつかの間、何でも200年ぶりの異常気象・・・とか言う事で、とても寒い春となりました。
こんなに寒いとキノコも生えれないね。。。」と雨を喜ぶどころか、このじめじめした寒い気候に嫌気がさしていたみんな。。。

・・・と思えば、6月の終わりから急激な真夏日
一気に異常な暑さとなり、今度は「キノコには暑すぎる。。。」・・・と、「ああでもない、こうでもない」と議論の続いたこの所。

そんな季節でも、キノコ狩り愛好家は黙々と山へ様子を見に足を運びます。

そうして「どうも始まりそうだぞ・・・」、「どうもいい感じだぞ・・・」と森の具合を観察していたのですが、、、






ついに本格ポルチーニシーズンが始まりそうです!!!

昨日は、職場ボンチから休みをもらって、夫アンジョロとキノコ狩りに行ってきました♪

f0094490_22523447.jpg

f0094490_22525497.jpg

f0094490_225310100.jpg


ポルチーニって「キノコの王様」と言われるだけあって、味はもちろん、姿、形が完璧なキノコだと思います。
それだけに見つけたときの快感がたまらない!
私は宝飾品の魅力はあまりわからないタイプなのですが、ポルチーニの美しさには、惚れ惚れしてしまいます・・・・・。

収穫は・・・

f0094490_2311677.jpg

f0094490_2345426.jpg


なかなかの収穫でした!

ボンチの人たちとも今朝、報告話をし、みんなキノコシーズンの到来に血がうずいていました。。。
[PR]
by tokogiappone | 2008-07-03 22:50 | きのこ Funghi